スーパーアクアはアクアバイオVの能力アップ+即効性!
スーパーアクアは、即効性のあるバイオメンテナンス剤です。
スーパーアクアは、10億個以上の好気性、嫌気性の微生物とその活動を高める栄養剤と増進剤を特殊配合した微生物製剤です。フロス、汚泥の減少や悪臭の抑制に優れた効果を発揮します。
パウダータイプの安定性の良い微生物です。

スーパーアクアの優れた効果!
分解能力・・・・・密度の増加
好気性、嫌気性の微生物が、それぞれ1グラム当たり10億個以上含み、優れた分解力を発揮します。
即効性
各種の微生物により素早く汚れを分解します。配管内・槽内の有機物を分解し、フロス・汚泥を減少します
消臭効果
活性酵素によって、悪臭成分を分解すると同時に、天然洗浄成分によるマスキング効果によって悪臭を抑制します。
安全性
有機化学成分は含まれておりません。腐食性もありません。サルモネラ菌などの有害な微生物を含みませんので、食品工場でも安心して使用できます。
作業性
使用する際に面倒な希釈・混合・溶解などの作業は必要ありません。

荷姿

容量 1Kgパック 1Kgパック×4パック







物 性 適用法規

主成分 根瘤バクテリア・微生物安定剤
色相・外観 淡黄色粉末
臭い イースト臭
消防法 該当せず
有機則 該当せず
特化則 該当せず
毒劇物 該当せず

標準的な使い方

スーパーアクアは保存性と個体数の増加を目的として開発された粉末状(固体)のバイオ製剤です。
有効な微生物は休眠状態にあります。
したがって、投入の前に、パックのスーパーアクアを30〜40℃のお湯に溶解してください。
溶解量はスーパーアクア1Kgに対してお湯10〜20Lです。


次の施設に有効です。
下水処理・活性汚泥設備・ラグーン 放置時間:ぬるま湯で薄めて1〜4時間放置後に投入。
汚水処理設備 放置時間:ぬるま湯で薄めて1〜4時間放置後に投入。
ごみ箱、収集車 放置時間:ぬるま湯で薄めて1〜4時間放置後に投入。


排水処理施設での使用量の目安
汚水量(L/日) 使用量(1パック/1Kg)
3,800 1/2パック
19,000 2パック
38,000 3パック
76,000 5パック

使用上の注意

完全に詰まって流れのない排水管路では使用しないで下さい。予め管路の汚泥を物理的に撤去する必要があります。
消毒剤や漂白剤等の化学製品との併用はしないで下さい。
取り扱い後は、手をよく洗ってください。
幼児の手の届かない所で保管して下さい。

実施例 『スーパーアクア』を管理薬剤として使用して管理費を削減した実施例です。

排水の概要
・排水の種別 製菓工場排水
・排水の性状 水量 1,200ton/日
水質 ノルマルヘキサン(油脂) 4600ppm
・汚泥発生量 5.5ton/日
・汚泥泥処分費 5.5ton/日×\25,000円/ton=\137,500/日

上記の排水に『スーパーアクア』を使用した経過は下表の通りです。
・添加量 3Kg/日
・注入率-1(排水量に対して) 2.5ppm
・注入率-2(汚泥量に対して) 約550ppm
・添加方法 毎日継続
・汚泥濃度の経日変化 添加7日後 15000ppm→7500ppm
添加14日後 27000ppm→11000ppm
添加21日後 45000ppm→17000ppm

汚泥処分費の削減結果は下表の通りです。
- 使用前 使用後
・汚泥発生量 5.5ton/日 1.84ton/日〜2.75ton/日
・汚泥減少率 - 1/3〜1/2
・汚泥泥処分費(単価) ¥25,000/ton
・汚泥処分費 \137,500/日 \46,000/日〜\68,750/日
『スーパーアクア』使用量 - 3Kg/日
・『スーパーアクア』薬剤費(単価) - \10,000円/Kg
・『スーパーアクア』薬剤費 - \30,000円/日
・汚泥処分費の合計(日) \137,500円 \46,000/日〜\68,750/日
・汚泥処分費+薬剤費(日) - \76,000/日〜\98,750/日
・汚泥処分費の合計(月) \4,125,000円 -
・汚泥処分費+薬剤費(月) - \2,280,000/日〜\2,962,500/日
汚泥処分費は、最大で約¥1,845,000円の削減になります。