■ FAQ ■
Q1. オアシスの処理水量について教えてください。
A1. 原水の汚れ具合によって、処理水量は異なりますが大体の目安は次の通りです。
○国内の水道水:約6000L
○海外の水道水:約2000L(国によって差があります)
○国内の一級河川の表層水:約50L
○浴槽水:約30L
○プール水:約30L
汚れがひどいと処理量は少なくなります。泥水のような原水しか入手できない場合は、オアシスを使用する前にハンカチや手ぬぐいなどでろ過することをお勧めします。

Q2. オアシスの安全性について教えてください。
A2. 飲料水としての適否は、水中に含まれる汚染物質の量と細菌(一般細菌、大腸菌)及び毒性物質の有無によって判断されます。
オアシスのシステムは汚染物質と細菌や原虫類の除去を対象としています。
汚染物質は活性炭と中空糸膜で除去、細菌や原虫類は滅菌と中空糸膜で除去します。
細菌は滅菌によって除去されますが、原虫類の特に甲殻原虫(クリプト等:河川水に含まれています)は、滅菌処理では死滅することがありません。
そのため、オアシスは甲殻原虫よりも小さい細孔の中空糸膜で
物理的に甲殻原虫をろ過しています。
オアシスが加圧式なのは安全のために出来るだけ小さい細孔の中空糸膜を採用しているからです。

Q3. オアシスはどんな水でも飲料水に出来ますか?
A3. オアシスは毒性物質の除去をすることは出来ません。
公害病で有名な水俣病やイタイイタイ病の原因である有機水銀やカドミニュウムなどの重金属は除去することは出来ません。
また、塩分を除去することは出来ません。

屋外でオアシスを使う場合は次のことに気をつけて下さい。
>魚が生息していない水は使用しない。

・魚が生息していない河川、湖沼水には、有害物質が溶解している可能性があります。
おかしいと思われる水は使用しないで下さい

>海水を淡水にすることは出来ません。

◆出来るだけ一級河川水を使用するようにして下さい。
◆もともと、上水であるプールや浴槽水(浴溶剤が含まれている水は除く)は使用できます。


Q4. 谷川や渓流のきれいな水は、そのまま飲むことができますか?
A4. 谷川や渓流の水には、野生動物の排泄物に、クリプトスポリジウム原虫やギアルジア鞭毛虫など、水系感染の原因となる原虫が存在しています。
とくに、クリプトスポリジウム原虫は、甲殻類で、体が硬い殻で覆われていますので、塩素消毒でも完全に死滅することが出来ません。
人に感染すると腸内で増殖し、激しい下痢や吐き気をもよおし、時には致命的になることもあります。
オアシスはこのような原虫も完全にろ過することが出来ます。
安心のツールとして一家に一台お備えください。

Q5. オアシスは「携帯用」ですが重さを教えて下さい。
A5. オアシス本体の大きさは、直径55mm、長さ225mm、重さはわずか250gです。
携帯に便利なビニールパックの中に、本体と付属品がセットされています。
携帯重量は、約450gです。

Q6. 従来製品との違いを教えてください。
A6. @処理水量が多いこと。

今までの水道蛇口に取り付ける浄水器と比較すると、繊維状活性炭と中空糸膜の量が、非常に大きいことが分かります。
だから大容量の飲料水が確保できるのです。

A安全性の為に滅菌と出来るだけ小さな細孔の中空糸膜を採用しています。

B滅菌処理が無いと、浄水器内部で水が滞留すると、カビや細菌が発生します。
Cオアシス本体は透明ですから、ろ過される状態や原水の汚れの状態がひと目でわかります。

オアシスについてのご質問は
042-928-0183
03-3634-5771
042-928-0194
suikan@jeans.ocn.ne.jp