キオラーゼ
キオラーゼはレジオネラ菌検査で陽性反応のあった施設で、アクアクロル洗浄後に使用します。
通常はアクアクロル、キオラーゼ共、単品での処理で、殺菌は可能ですが、 長期間対策を行っていなかったり、薬剤投入後、有機物と反応し、発砲や濁り等が発成する場合は、2液の投入をお勧めします。

キオラーゼ・特徴!
優れた滅菌効果
ポツリヌス菌・ウェルシュ菌などの一番厄介な芽抱菌まで殺菌します。
経済性
他の滅菌剤に比べて廉価です。
即効性
短時間で、殺菌が可能です。

荷姿

容 量 20L PHOTO
材 質 ポリ容器
サイズ 20L:270L×270D×350H
500L×6本入り

物 性

色相・概観 無色透明・液状
臭い 特有な刺激臭
比重 1.13(20℃)
PH 2.5~3.7
i引火重 火災助長の恐れ・酸化性物質

標準的な使い方(レジオネラ菌検査で陽性反応のあった施設)

手順 作業内容
循環水量の調査・アクアクロルで洗浄
循環水量1㎥あたり3Lを投入
約30分間循環運転を行う
逆洗浄して排水
清水を注水して完了